熊谷市における保健師の求人について

保険師15

医療関係者としてよく知られているのは医師や看護師、助産師等ですが、保健師という職業も含まれています。しかし、疾病やケガ等の治療ではなく予防に軸足を置いた仕事であることから、普段はあまり意識することがありません。

ここでは保健師の種類や特徴、具体的な仕事について掘り下げながら、埼玉県熊谷市での求人状況について解説していきます。

石川県で保健師が求人探しをするときに押さえておきたいポイント

保健師とは

保健師は「保健指導に従事することを業とする者」と定められています(保健師助産師看護師法)。エリアに密着した健康管理をアドバイスするエキスパートで、乳幼児や母親、高齢者まで幅広い世代をサポートします。看護師と混同されがちですが、看護師が疾病等の治療に携わっているのに対し、保健師の場合は予防医療をメインに活動しています。

特徴がよく現れているのは勤務先です。看護師が病院で働くことが多い一方、保健師は保健所や検診センター等で活躍しています。日常生活の中に溶けこんでいる存在であり、生活改善や健康増進の相談を受けていることはもちろん、少子高齢化によって引き起こされている多種多様な問題にも取り組んでいます。

行政保健師とは

ひと口に保健師と言っても職場の違い等で主に4種類に分けられます。最も数が多いのは公務員として勤務する行政保健師です。主な活動の場は保健所や保健センターといった行政系の施設で、保健師全体の約7割を占めています。

市区町村で活躍する保健師の場合は、都道府県の保健師よりも多様な年代の利用者に対応しています。それぞれの年代でケアしなければならない内容が変わってくるため、豊富な知識と経験、高いスキルが求められます。様々な生活環境による相談が寄せられることから、臨機応変さや柔軟性も求められます。

都道府県で勤務する保健師の場合は、市区町村レベルで問題視されているテーマを広く取り扱い、より専門的な観点から解決する施策に取り組んでいます。

産業保健師とは

保健師の約1割を占めているのが産業保健師です。企業等に勤務する保健師で、従業員の健康状態や精神衛生状態の把握に努め、良質な労働環境の確保に向けて取り組んでいます。従業員が心身ともに健やかさを保てない企業は、高い収益を得ることができなくなり、ブラック企業という悪い評価が広がればブランドイメージも損ねてしまいます。

従業員の休職と退職を防ぐとともに、気軽に相談できる環境を整え、メンタルケアを充実させる必要があるのです。そのために用いられているのがストレスチェックで、産業保健師が行っている業務のひとつです。従業員が50名以上なら実施が義務付けられており、近年増加しているうつ病等の兆候を早期に発見しつつ、既に発症している場合は専門医を紹介する等、迅速な対応を求められます。

学校保健師や介護に携わる保健師とは

保険師24

学生や教職員の健康管理やケアを行うのが学校保健師で、主に専門学校や大学に勤務しています。対して、小中学校等の保健室に勤務できるのは養護教諭です。保健師資格を持った人が養成施設で学べば1種免許を取得でき、いわゆる「保健室の先生」として働くことができるのです。

養護教諭は肉体的、精神的に未発達な生徒の悩みに寄り添い、最も身近な相談役として活躍しています。さらに、医療施設や介護施設などで高齢者や障がい者のケアを行う保健師もいます。体が不自由になった人たちが少しでも楽に生活できるよう、健康管理の面からサポートし、心的なストレスの改善も目指しています。

保健師になるには

保健師資格を得るには国家試験を受けなければなりませんが、先ずは看護師資格が必要となります。そのための方法は2つあります。1つ目は、看護系短大(3年制)か看護師専門学校(3年制)で看護師養成課程を修了した後、看護師国家試験を受験する方法です。

ここで合格すれば、保健師国家試験の受験資格を得るために、さらに2つの方法から選ぶことになります。保健師養成学校(1年制)か、看護系大学の保健師養成課程(3年次編入)で学ばなければなりません。どちらかを修了すれば保健師国家試験を受けることができ、合格者は地方公務員、企業、病院といった各採用試験に挑めるのです。

2つ目の方法は、大学の看護学科か看護専門学校で「保健師・看護師統合カリキュラム」を学ぶ道です。修了すれば、保健師国家試験と看護師国家試験をダブル受験できます。看護師試験に合格し、保健師試験に不合格だった場合は看護師資格を得られます。

しかし、看護師試験に不合格だった場合は、保健師試験に合格していても保健師資格を取得できないので注意が必要です。保健師資格が得られれば、1つ目の方法と同じく各採用試験を受けることができます。合格すれば保健師として認可され、目的の勤務地で働くことができるのです。

また、国家試験の合格率が例年90%前後で推移してきたことから、保健師は、国家試験の受験資格に到達するまでが最大の難関だと言われます。大学等の受験を突破して志望校へ進学しなければなりませんし、入学してからは専門性の高いカリキュラムを受けて着実に単位を取得する必要があるからです。

修了すれば、毎年2月に行われる国家試験に臨めます。しかし、最近の合格率は81%ほどに落ちており、国家試験自体も狭き門に変わりつつあります。

保健師の収入とは

保健師の特徴のひとつとして、同じ資格を得ていても勤務場所で給与形態が異なる点があります。行政保健師は公務員であり、産業保健師等とは違った形態で給与が支払われています。ただ、受け取る額は300万円~500万円と幅があるものの、ほとんどは300万円~400万円台であり、500万円台は2割程度しかいません。

実務経験が考慮され、一定基準で加算されるケースもあるため、キャリアによって収入が増える人がいます。

それでも専門性の高さ等を考えれば、全体的に低く抑えられ、初任給は23万円程度です。公務員である行政保健師の割合が多いこと、看護師と違って夜勤がないこと等が影響しているためです。

保健師の今後と熊谷市の求人について

看護師と比較されることの多い保健師ですが、著しい差は正規雇用の割合であり、埼玉県熊谷市ではおおよそ30対1の割合となっています。求人サイトに掲載されている数も少なく、資格を得ても就職することが難しい状態が続いてきました。

そもそも行政保健師や学校保健師は公務員で安定性が高いため、労働市場に流れてくることはほとんどありません。辞める人が少なければポストは空かないことから、新規の求人が抑えられる傾向にあるのです。しかし、少子高齢化が加速し、不摂生やストレスの影響による生活習慣病が増加し、精神衛生環境の悪化が蔓延しています。

保健師のフィールドである予防医療が注目を集めていることから、今後は熊谷市でも需要が伸びる可能性のある仕事です。